ラクトフェリンで腸活なり@健康オタクのススメ

ラクトフェリンで腸活できる?

ラクトフェリンで腸活!最近、何でも○活と呼びますが、腸活という言葉もあるのです。
それだけ、行っている人が多いからこそ「腸活」と呼ばれるのであって、密かに行っている人が多いとか。
あらゆる腸活があるとは思いますが、その腸活は本当に効果のあるものですか?ということが気になります。
一時的に腹痛を引き起こして腸を動かして便を排出するというようなものは、その後再び便秘になることも多いですし、何しろ腹痛が辛いので腸活としてはあまりお勧めできません。
となると、腸活というのも腸そのものの機能を改善するようなものや、体質を改善するようなものがいいですね。

 

腸活=腸内環境を整える

 

ということになります。
その中で注目されているのが、ラクトフェリンや乳酸菌などと言われていますが、底力があるのはラクトフェリンです。
乳酸菌も効果はありますが、ラクトフェリンの方がより幅広い効果がある上に、体質改善効果が高いということでお勧めです。
ラクトフェリンか乳酸菌か?というようなことはよく言われていますが、ラクトフェリンには乳酸菌も同時配合しているものも多いので、同時に服用することも可能です。
どちらを選ぶというより、どっちも選ぶということも可能なのです。

腸活にお勧めのラクトフェリンサプリパート1

腸活にお勧めしたいラクトフェリンサプリ、考えてみると「どれもお勧めですよ!」というのが本当のところなのですが、それでもラクトフェリンサプリの商品によって少し違いはあります。
その中でも特にお勧め度が高いものを紹介しましょう。

 

【ライオン ラクトフェリン+ラブレ】
ライオンのサプリメントということでひとまず安心感があるという人も多いのですが、このラクトフェリンサプリのおススメ点は他にあります。
それは、プラスされたラブレ菌です。ラブレ菌とは植物性乳酸菌です。
食生活で洋食が多いという人にお勧めです。
例えば、ヨーグルトなどは乳酸菌として有名ですが動物性乳酸菌ですから、ちょっと違うんです。
植物性乳酸菌は味噌や漬物といった日本人が昔から食べていたものに含まれます。
また、この植物性乳酸菌はすぐき漬けから抽出しているので、安心して続けることができます。
味噌や漬物の健康効果は分かっているけど苦手という人には特に植物性乳酸菌が不足していると思われるので、このサプリメントは効果が出やすいでしょう。

 

+αの部分ばかりに焦点を当ててしまいましたが、メインであるラクトフェリンも1日摂取量で300mg配合されていますし、腸で溶けるようなコーティングがされているということもあり文句のつけようがないというのが正直なところだと思いますね。

 

ラクトフェリンの口コミまとめサイトへ 

参照リンク

http://xn--100-2i4bobza9l6d3d8dp2iq056c.com・・・口コミ100人分を基にラクトフェリンサプリは一体どんな効果があるのか調査
http://lactoferrin-hikaku.com・・・ラクトフェリンサプリ人気商品を比較しました!ライオンのラクトフェリンと森永のラクトフェリンはどこが違うのか!?

腸活にお勧めのラクトフェリンサプリパート2

【ファンケル ナチュラビオ】
ファンケルも多くのサプリメントを販売しているメーカーとして有名ですが、やはりありましたよ。ラクトフェリンサプリ。
ファンケルらしく、パッケージにはあまりお金を掛けていない印象ですね、ここが安価にもつながっているのだと思います。
ナチュラビオの特徴として、腸内環境サポートが第一にありますから、「腸活」を行いたいという人にはピッタリのサプリメントではないでしょうか。
腸内環境サポートとして、便秘の人やお腹の調子が整わない人に効果的な成分を多く配合しています。その中で、ビフィズス菌、納豆菌、乳酸菌、酪酸菌などが含まれており、これらの菌が腸内で活躍してくれます。
この中で珍しいのは納豆菌ですが、これは納豆を食べないという人は摂取しにくい成分です。納豆は腸内環境を良くしてくれるので、納豆を食べない人こそ納豆菌の摂取をおススメします。
また、あまり聞きなれないのが酪酸菌(らくさんきん)ではないでしょうか。
酪酸菌は、ぬか漬けなどに含まれる成分で腸内環境を良くする効果もありますが、がん細胞を抑制する効果などがあることが分かっています。
予防医学という点から見てもおススメです。

 

合成着色料・保存料などは一切不使用というのがファンケルの人気の理由のひとつです。

腸活にお勧めのラクトフェリンサプリパート3

【森永乳業 ラクトフェリンプラス】
森永乳業のラクトフェリンプラスは、ラクトフェリンだけでなく、+αの要素が充実していることがおススメポイントのひとつとなっています。
+αとしてビフィズス菌BB536は、一般的なビフィズス菌よりさらに高い効果のあるものです。
腸内で酢酸を作る効果があり、悪玉菌の除去に役立ちます。また、酸や酸素に強いということも一般的なビフィズス菌より腸内での活躍が期待できます。
この他にミルクオリゴ糖が含まれていますが、ミルクオリゴ糖を配合しているのは森永乳業だからこそ。
オリゴ糖は結構種類があるんですが、ミルク由来のオリゴ糖なら安心して続けることができます。

 

+αはもちろんですが、ラクトフェリンについても他のラクトフェリンサプリに比べて倍の値になる600mg(1日摂取量で)含まれており、タブレットタイプなので水なしで噛み砕いて食べることができます。
おやつ感覚で続けられるので子供さんにもウケがいいとか。
タブレットではありますが、噛み砕くのが抵抗があるという人は水を使って飲み込むことも可能です。
1日6粒なので1粒あたりが100mgのラクトフェリンが配合されています。調整しやすいので、夫婦でシェアなどもしやすいでしょう。

 

ライオンのラクトフェリンの口コミ徹底比較